台湾台北の1月2月の気温は寒い?冬の台北はどんな服装がいいか解説

台湾台北の1月2月の気温は寒い?冬の台北はどんな服装がいいか解説blog
この記事は約4分で読めます。

初めて冬に台湾に行く方はどんな服装をきていけばいいかわからないという方多いですよね。
結論から先にいいますとジャケットは必須!でもダウンよりジャケットや厚手のパーカーに羽織れるものがベスト!
冬でも日本よりか降水確率が高いので状況におおじてレインコートや折りたたみ傘を買いましょう。(ちなみにユニクロは日本価格の1.5倍くらいします)

あわせて読みたい

台湾の1月の気温は寒いの?暑いの?

結論からいうと”非常に寒い”です。
夕方からの体感温度は風と湿度の影響で体感温度は10度くらいになります。

1 日の最高気温は約 19°C で、13°C を下回ったり 24°C を上回ることは滅多にありません。 1月27日の 1 日の平均最低気温は、19°C です。

1 日の最低気温は約 14°C で、10°C を下回ったり 18°C を上回ることは滅多にありません。 1月27日の 1 日の平均最低気温は 14°C です。

参考のため、年間最高気温を示す 7月13日には、台北市における気温は通常 27°C~34°C ですが、年間最低気温を示す 1月27日の気温は 14°C19°C の範囲です。

https://ja.weatherspark.com/

台北の1月の気温について

例年2020年の平均はだいたい上記のような気温です。
最高気温も25度くらいの時もあれば10度くらいの日もありますね。

これは平均すると1月の台湾の天気はくもりの日が月間を通して50%だからです。

『台北は涼しいんでは?』と思う人がいるかと思いますが、一つ覚えてほしいことがあります。
それは…台北に行く方は注意して欲しいのは台北は湿度が非常に高い場所。
山とビルに囲まれて空気がもるんです。

ということは沖縄のようにカラカラのところの20度と、湿度が高いところでの20度は全然違いますよね?
では雨について見てみましょう。

台北の1月は雨が降る?

台北の1月の降水確率について

台北の1月の降水確率は平均すると25%〜28%の間
もちろん日本と違って、雨が一気に降って(スコールのように)いきなりお日様が顔をだすような感じです。

猫咪
猫咪

ただ全体に雨が降るというよりかは地域地域で雨が降るという形だにゃん

できるかぎり折りたたみ傘や雨具を用意しましょう

台湾の2月の気温は寒いの?暑いの?

結論からいうと”非常に寒い”です。1月よりも寒いと感じる日にちは多いです。
夕方からの体感温度は風と湿度の影響か10度くらいになります。

1 日の最高気温は、19°C から 20°C へ 2°C上昇しますが、13°C を下回ったり 27°C を上回ることは滅多にありません。

1 日の最低気温は、14°C から 15°C へ 1°C 上昇しますが、10°C を下回ったり 18°C を上回ることは滅多にありません。

参考のため、年間最高気温を示す 7月13日には、台北市における気温は通常 27°C~34°C ですが、年間最低気温を示す 1月27日の気温は 14°C~19°C の範囲です。

台北の2月の気温について

平均の最高気温最低気温は約19度/14度となっていますが、18時ころからはすでに16度ほどになっています。
1月と同様に2月の気温は1〜2度くらいしかあがっていません。

台北の2月は雨が降る?

台北の2月の降水確率について

台北の2月の降水確率は平均すると28%〜38%の間
1月よりも雨の日が多いと感じるでしょう。

雨が降ったときは平均すると80〜100mm程度の降雨量になります。
とはいっても1時間あたりではなく1日あたりなのでまずまずでしょう。

できるかぎり折りたたみ傘や雨具を用意しましょう

【まとめ】台北の冬(1月2月)は羽織物必須

台湾の冬ってどうなの?沖縄よりも南に位置しているし、温かいのでは?と思ってTシャツ一枚で来る韓国客が多いですが正直1月2月は一番寒い時期…THE・真冬です。

なのでできるかぎりマフラーやスカーフのほか、カーディガンなどは持っていきましょう。
ジャケットはダウンである必要ありません。

タイトルとURLをコピーしました