【指差し注文】台湾で「パクチー入れないで」の言い方とは?パクチー入りの代表的な食べ物も紹介

台湾で『パクチー抜き』の言い方とは?blog
この記事は約4分で読めます。

パクチーが苦手な人が台湾はパクチー大国だと知らないで行くと大変なことになります。

いや、いきなりオススメしない言い方ですいません。でも、それくらいパクチー料理が多いんです。

なので本日はパクチーいらないの言い方を画像にしてお伝えしたいと思います。

猫咪
猫咪

最初から”指差し”を持ってたら注文しやすかったなぁーと思ったので共有だにゃん(ΦωΦ)

台湾で『パクチー抜き』の言い方とは?

台湾で『パクチー抜き』の言い方とは?

中国語でパクチー抜きの言い方

不要香菜ブヤオシャンツァイ

読み方は香菜シャンツァイ。中国語の発音は4声*(上がったり下がったりする発音を意味する)なのでもしかしたら通じないかもしれないのでそんな時は上記の『NOパクチー』指差しカードを見せましょう。

基本的に日本人はパクチーが苦手という認識の人も多いのでパクチーはいれないでくれますよ。

ちなみに、おそらく反応されると思うのですが基本的に指差しカードをだしてOK?とジェスチャーすればいいです。

反応されるとしたら…

  • OK
  • ハオ(わかりました)
  • 没有メイヨウ(ありません)

この3つがほどんどなので、怖がらなくても大丈夫ですよ!

猫咪
猫咪

下記のリンクには指差し注文でYESかNOの回答までするカードを作ったので確認してにゃん(ΦωΦ)

英語でパクチー抜きの言い方

No Coriander.

パクチーは英語ではないんです。私も勘違いしていたのですが、実はパクチーは英語でCorianderコリアンダーと言って、パクチーではないんです!

私も最初のうちは『NOパクチー!』と言っていたのですが通じません。
指をさしてみると大概言われるのは香菜シャンツァイCorianderコリアンダーのどちらか。

※ちなみにじゃパクチーってなんですの!?って話ですが、パクチーはタイ語です。

パクチーが入ってる食べ物とは?

もちろんパクチーの入ってるものは山ほどありますが、代表的な食べ物3つ紹介します。(ガイドブックの定番)

※火鍋のソースも入っていますが、基本的に自分で取るので今回は外しています。

西門の台湾のB級グルメ麺線『阿宗麺線』

西門の台湾のB級グルメ麺線『阿宗麺線』

ガイドブックに必ず書いている西門の台湾のB級グルメ『麺線』と言えば、阿宗麺線。
個人的にはあまりオススメしないのですが、定番コースの一つなのでご紹介。

公館の角煮まん『藍家藍家割包』

公館の角煮まん『藍家藍家割包』

これは現地の人で行列ができる割包の老舗。
ここはテイクアウトなので並んでも10分程度だと思いますが、ここは写真がないので指差しで対応するのがオススメ。(お肉の種類はどれだ?と言われるので)

ここも何も言わなければ香菜シャンツァイが入っているので要注意です。

夜市に必ずある『キャラメルピーナッツ+クレープアイス』

『キャラメルピーナッツ+クレープアイス』

九分などでも行列ができているので台湾に来る方はほぼ必ず目にする不思議な食べ物

夜市などでもよくみかける四角いキャラメルピーナッツ。
これ実はアイスを販売しているんです。

イメージはカンナでキャラメルで固めたピーナッツを削り、クレープのようなものにアイスを乗っけてパクチーを入れて巻きます。

台北では夜市がほどんど。もし宜蘭イーランに行く時があればトリップアドバイザーでも有名な『呉記花生捲氷淇淋』を試してみてください。

【結論】指差しで注文をすれば苦手なものは回避できる?

不要香菜ブヤオ シャンツァイ

上記の言い方は代表的な言い方です。ただ、もちろん人によって『多めに欲しい』『辛いのはいらない』など違うことを伝えたいという方いますよね?

そんなあなたに【種類別】指さし注文を作ったのでコチラをご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました